iPhoneを落としてしまった、ガラスを割ってしまった、水没させてしまった、バッテリーの持ちが悪くなったなど、iPhone修理の事なら「iPhoneお直し本舗」池袋本店

027-388-9848 visa master jcb

群馬県高崎店からのお知らせ

2017年7月5日

注意喚起情報です。

NTT docomoとKDDIは今月4日、

「+675」で始まるパプアニューギニアの電話番号からの着信が相次いでいることを受け、

高額な通話料が発生する可能性があるとして、折り返しの電話をしないよう、ソフトバンクに続き、

注意を呼びかけています。

もし折り返しの電話をかけてしまった場合、かける時間帯や通話時間によって金額は上下しますが、

docomoは30秒につき68円(平日昼間)、auは30秒につき65円、ソフトバンクは30秒につき249円の通話料が

発生してしまいます。

不審な国際電話をかける裏には、パプアニューギニアの電話会社と結託した悪徳業者がいて、

通話料の一部が悪徳業者にマージンとして入る詐欺の一種であるようです。

また、同様の事例が英語圏を中心に海外でも発生しており、被害が拡大しています。

身に覚えのない不審な番号からの電話、今回においては国際電話ですが、

絶対に出たり、折り返さないようお願いします。

パプワニューギニア詐欺電話